薬学会とは・会長からのメッセージ 卒後研修会 薬学会誌 お問い合わせ リンク集 NEWS INFORMATION

神戸学院大学薬学会とは...

薬学会の目的

会員相互の親睦を厚くし、会員の教養、学職および職能の向上を図るとともに、 神戸学院大学薬学部の教育および研究の発展に寄与することを目的とする。

薬学会の事業内容

本会は前項の目的を達成するために、次の事業を行う。

  • 会誌「神戸学院大学薬学会誌」の発行
  • 会員名簿の発行
  • 各種研究会、講演会および親睦会の開催
  • 卒後生涯教育に関する企画ならびに実施
  • その他本会の目的達成のために必要な事業

本会は次の会員をもって組織されている。 組織

  • 正 会 員     神戸学院大学薬学部および同大学院薬学研究科(以下本学部と称する)在籍者ならびに
                     卒業あるいは修了した者
  • 特別会員    本学部教員およびかつてその籍にあった者
  • 準特別会員 本学部任期付雇用の教職員(会員期間は退職までの年限とする)
                     また、準特別会員は、大学との雇用契約終了時に特別会員への切り替えが選択できる。
  • 名誉会員    本会に特に功労のある者で、役員会が正会員または特別会員の中から推薦し、評議員会で
                     承認された者
ページの先頭へ

会長からのメッセージ

神戸学院大学薬学会会長  三村 昌司(第4期生) 

 会員の皆様におかれましては、ますますご健勝でご活躍のこととお慶び申し上げます。
 昨年9月の評議員会において選出され、本年4月より細野前会長の後を受けて会長を務めさせていただくことになりました4期生の三村昌司と申します。
 本年6月の評議員会で承認をいただき、副会長に就任していただきました3期生の宇高啓介さん、5期生の田口修三さんと力を合わせ、会員相互の交流と親睦を図るとともに、若い方に積極的な参加を呼びかけ活性化を図るなど、薬学会発展のため微力ながら頑張って参る所存ですのでよろしくお願いいたします。

 ここで皆様にお願いしたいことがあります。現在、名簿の管理、学会誌の発行、卒後研修会の開催など本会の運営は、すべて大学に職員として残っている会員の方により行われています。しかしその人数は毎年少なくなってきており、円滑な運営に支障をきたすようになってきました。
 近くにお住まいの方で、会の運営に参加していただける方は、遠慮なく事務局にお申し出いただき、是非ご協力いただきますようお願いいたします。
 また、評議員も各年次2名を選出することとなっておりますが、欠員の出ている年次もありますので、ご協力いただける方は事務局へお申し出ください。
 薬学会を活性化する一つの方法として、支部の設立があると思います。
 現在、支部は広島支部だけです。
 広島支部では、9期生の土屋伸二さんを支部長に約210名の方と連絡を取りながら、支部研修会を開催されたり、広島出身の在校生が帰省している夏休みに就職懇談会を開催し、参加者のうち何名かは県内に就職されるといった活動をされており、これらの活動に支部助成金、支部研修会補助金を出しています。
 他の都道府県でも、どなたかが中心となり、支部設立に必要な3名以上の発起代表者を決めて、支部を設立していただき、研修会などで皆さんが集まり、現在の状況等についての情報交換や、学生時代の思い出話に花を咲かせていただけたらと思っています。

 最後になりますが、6年間会長としてご尽力いただきました細野前会長に感謝の意を表します。また、会員の皆様には、今後ともなお一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げると共に、益々のご活躍、ご発展を祈念し会長就任の挨拶とさせていただきます。

ページの先頭へ